楽しい時間を過ごそうね(^^♪


by kinrenka-km

すみませんでした。

↓の皆さんからの暖かいコメント、しっかり受け止めましたァ。

そして思ったこと。

kinrenkaよ、甘ったれるな!

おかげさまで何とか乗り切って見せます、ハイッ。

<ちょっと感動したお話>

仕事中 書類を整理していたらこんな文章が目に止まりました。(ウロ覚えですが)

「天は無常 人は一期一会」

万物は常に流転し、変化し、消滅し 何一つ「常住」というものはないという
意味です。
ですから人間80年生きようが百年生きようが 宇宙からみたらほんの
短い命なのです。

「一期一会」とは その中で人間が出会うのです。そう思うと 出会いが
宝石のようにきらめくのを感じます。

別れるときに「もう少し一緒にいたかったな」 「もう少しお話がしたかったな」

そう思える出会いであってほしいものです。


「何にしびれているか」

「人間は 本物にしびれなければならない」

「人は何にしびれるかによって その人は決まる。」

人はやはり何かにしびれていなければ 成長、進歩はない。
この「しびれる」ということは「参る」「感激」ということに
近いと思います。

このしびれる対象を自ら見つけるには 普段からオドロキを体験し
感激を味わう自分でなければならないと思うのです。

人間にとって もっとも不健康なことは物事に感動、感激を
しなくなることだという。

これは精神の老化です。

大体 感動、感激のうすい人ほど一緒にいてつまらない人は
いないのではないかといっても過言ではないでしょう。

感受性をいかに長く維持することができるかが その人の人生を
充実させられるかどうかの秘訣だろうと思うのです。


*自分の考え、文章でまとめてしまいましたが

素晴らしい出会いをし、色々なことに感動できる私でありたいと

つくづく思いました。

そしてブログを通じてこうして沢山の
方たちと知り合えて仲良くなれたのも「一期一会」
そして皆さんから 感動と感激もいただきました。  
本当に有難う

[PR]
by kinrenka-km | 2007-05-10 22:13